算数 特殊算その5

みなさん、こんにちは。こんばんは。やのです。

 

先日から続いている特殊算の話です。

 

B面積図を利用して解く問題

面積図はみなさんご存知ですね。文章題を図形として捉えられる素晴らしい武器です。

面積図の縦、横、面積が表す量をしっかりと読み取ることが1つ目のポイントです。

2つ目は、「何かを読み取る」この「何か」というのが覚えてほしいことなんですね。

 

1つ目のポイント

縦・・・1あたりの量(1個あたりの値段、平均、速さ)

横・・・いくつ分(個数、人数、時間)

面積・・・全体(総額、合計、距離)

この関係を問題文から読み取ります。これができれば、ほとんど解けたと言っても過言ではありません。

1あたりの量というのは、1個の値段、均した時の1人分の身長・体重(平均)、1時間あたりに進む距離(速さ)のことです。いくつ分は、個数、人数、時間のことですね。全体は総額や合計、距離を表しています。

この3種類の量をしっかりと読み取り、図にすると見た目で立式できてしまいます。三用法の公式などは覚える必要がなくなりますよ。

 

2つ目のポイント「何か」とは

つるかめ算は面積の差の部分、平均算は面積の等しい部分・・・というように注目してほしいところは変わってくるのです。これは練習あるのみです。

 

明日は、問題を使って具体的に解いていきます。

また明日です。

 

 


中学受験指導レザン(中学受験専門個人塾)

学習の相談、転塾のご相談、体験授業・授業見学受付中です。

お問い合わせについてはこちらの記事をご参照ください。



雑記 準備

続きを読む

中学受験指導レザン 千葉市美浜区高洲3-14-9 5階 JR稲毛海岸駅徒歩2分 

043-239-9251 月~土 11:00~20:00

info@rethan.net

友だち追加