雑記 模試の活用方法1

みなさん、こんにちは。こんばんは。やのです。

 

本日は、レザンが入っている建物の外壁工事の影響で、窓がマスキング(覆い)されていました。僕が座ってPC作業をしているところは窓際なので、いつもより暗く感じていました。ずっと天気が悪いと勘違いしていましたよ(苦笑)実際はどうだったのでしょう?

 

模試の活用方法

色々な塾で(もしくは受験指南書で)模擬試験の解き直しについて語られています。偏差値、判定結果に一喜一憂してやる気を出したり、やる気を無くしたりするための道具ではないと書かれていますね。僕もそのように感じています。ただその先なんです。解き直しってどの問題を解き直すべきでしょうか?

 

指南書では、「わからないもの」は解答を見て解けば良い。解説を一行ずつ丁寧に読み込めば良い。それでも「わからないもの」は塾の先生に聞けば良い。と言っています。

しかし、その「わからないもの」は誰がどのように判断すれば良いのでしょうか?

正答率を見てパパ・ママが判断するのでしょうか?(まぁこれが一般的なんでしょうね・・・)

 

 

レザンでの取り組みを紹介します。

誤答は大きく分けて2種類存在します。

① 条件の読み間違え、計算ミス等による「本来なら解けるであろう問題」

② 練習不足、理解不足による「現段階では正答できない問題」=「わからないもの」

 

この2つを正答率だけで判断するのは難しいのではないでしょうか。

 

レザンの小5、6年生の模擬試験では「解説授業」もセットでおこなっています(他塾では映像配信とかしているのでしょうかね?我々にはそんな体力がありません・笑)その時に、僕が各自に解き直さなければならない問題を指示しています。授業中の正答率・課題の取り組み・今までの模試の結果から、①を指摘しています。時間があれば自力で解決できます。案の定、皆さん「直し」をしてみると解けています。こういう取りこぼしを少なくしていくことが、第一の目標です。

 

では、②についてはどのようにしてくべきでしょう・・・

明日へ続きます。


中学受験指導レザン(中学受験専門個人塾)

学習の相談、転塾のご相談、体験授業・授業見学受付中です。

お問い合わせについてはこちらの記事をご参照ください。