雑記 勉強の体力3

みなさん、こんにちは。こんばんは。やのです。

 

本日も涼しかったですね。毎日こうだと嬉しいんんですがね・・・そうも行かなそうな天気予報ですね。

 

閑話休題

予期せず連載物になってしまいました、今回の「勉強の体力」の話ですが、今回は3話目です。

 

 

勉強の体力をつけるには・・・

勉強の体力をつけるには、体力と集中力の2つを身につけなければなりません。というのは前回書きました。

集中力をつけるには、

① 規則正しい生活

② とにかく始める(初動が大切)

③ キリの悪いところで止める

この3つを意識しましょう。

 

② とにかく始める(初動が大切)

集中力をつけるには、ダラダラした時間を減らさないといけません。みなさんは「作業興奮」をご存知ですか?

 

こう偉そうに書いている僕も、

 

● 掃除をしたくなくて後回しにする。

● ブログを書かなければならないのに、ネタがないと見て見ぬふりをする。

● PC作業をしなければならないのに、PCの電源さえ入れない・・・

などダラダラしてしまう時が多々あります。

 

でも、そういう時はとにかく5分頑張ってみるんです。このとにかくやってみることが「やる気」を出す一番の方法なんだそうです。僕はこの記事を書くために調べてみて「作業興奮」という言葉を知ったのですが、前から「とにかく始める」ことを実践していました。例えば、朝の掃除は「とにかくトイレだけ」頑張って始めます。そうすると、あちこちの片付けや掃除も自然とやってしまうんです。

 

手足や脳を働かせることで、ドーパミンが出てやる気が出てくるそうです(これが作業興奮というらしいのです)。逆説的にいうと、「動かないとやる気が出ないまま」なんですね。

小6の夏期講習では、まず授業が始まったら5〜10分で例題を解くようにしていました。これで、やる気がでていたはず(?)です。

 

みなさんも、とにかく始めてみましょう!

次回へ続きます。

 


中学受験指導レザン(中学受験専門個人塾)

学習の相談、転塾のご相談、体験授業・授業見学受付中です。

お問い合わせについてはこちらの記事をご参照ください。