合格実績
メガネブログ

2020年

3月

16日

授業再開

続きを読む

中学受験指導レザン

千葉市美浜区高洲3-14-9 5階

JR稲毛海岸駅徒歩2分 

043-239-9251

月~土 11:00~20:00

info@rethan.net

理科 北極の氷と海水面上昇は関係ない(アルキメデスの原理)①

本日は理科の独り言を…

よろしくお付き合いください。

 

最近過去問をみんなで解いていたところ「浮力」が出題されていました。

アルキメデスの原理ですね。

 

アルキメデスの原理

浮力の問題で思い出したことがあるので、書いてみたいと思います。

 

地球温暖化の影響で北極の氷が溶けます。

しかし、北極の氷が溶けても海水面は上昇しないのです。いったいどういうことか…

 

 

アルキメデスの原理を簡単におさらい

「物体にかかる浮力の大きさは、物体が押しのけた液体の重さに等しい。」

 

アルキメデスの原理についての逸話はご存知ですか?

ちょっとだけ・・・

 

王冠を壊さずに成分を調べる

ヒエロン2世が金細工職人に純金の王冠を作らせました。しかし、その金細工職人は金に混ぜ物をして、王様から預かった金の一部を取っていたというのです。噂を聞いたヒエロン2世はアルキメデスに「王冠を壊さずに純金で作られているかどうか」調べるよう命じました…

アルキメデスは浮力の原理を用いて、この問題を解決したそうです。

 

細かなことは調べてください…

(材質の違い・密度の違いで浮力が変わるということです。)

 

 

浮力の事は思い出してきましたか?

ポイントは 物体が押しのけた液体の重さが 関係しているということです。

 

今回の独り言はこのあたりにします。

次回「北極の氷と海水面の上昇は関係ない②」に続きます。