合格実績
メガネブログ

2020年

10月

28日

雑記 文才

続きを読む

中学受験指導レザン

千葉市美浜区高洲3-14-9 5階

JR稲毛海岸駅徒歩2分 

043-239-9251

月~土 11:00~20:00

info@rethan.net

消費税(算数の問題)

本日消費増税法案が衆院を通過しました。

 

なんて書き出しをすると、いつもの独り言と違う感じになってしまいますよね…

でも今日は消費税のお話をしたいと思います。

賛成とか反対とかでなく、算数の話なのであしからず。

 

算数の消費税問題で有名なのは、

「現在消費税は5%です。19円の品物の税込みの値段は19円、20円の品物は税込みで21円になるので、20円を支払うことはありません。このような支払うことない金額のうち500円に最も近いものを求めなさい」(答えは503円)

というものがあります。

 

10%になっても出題はできます。

以下は消費税が10%のときの解法です。

500÷1.1=454.54…

このとき支払う税は454円×0.1=45.4で45円(1円未満は切り捨てです)

消費税が45円の品物の値段は450円から459円までで支払う最高の金額は

459+45=504円

消費税が46円の品物の値段は460円から469円までで支払う最低の金額は

460+46=506円

なのでこの間の505円が答えとなります。

 

10%だと計算が楽になりますね…

 

 

今日の話題でこんな問題を思い出してしまいました。

 

 2014/10/29 消費税8%verにして更新しました