雑記 言語化

みなさん、こんにちは。こんばんは。やのです。

 

本日は、午前中から面談をしてその後もモリモリ働きましたよ。

(なんのアピールなの?)

 

閑話休題

本日の小5生の授業は、「通分」を特訓しました。

○ 分母の最小公倍数を、すだれ算を使わずに求めるコツ

○ 倍分の式を書かずに通分をするコツ

○ 約分のコツ

をみんなで学習しました。

 

なんとなく、感覚でコツは掴んでいるんだけど言葉で説明しようとすると・・・

となってしまった生徒もいました(通分はスラスラできていましたよ。なのに・・・なんです)

 

言語化して伝えることの重要性ですね。

(今こうやって書いているときに思い出しているのは、サッカーの戦術用語です。5レーンとかハーフスペースとかポジショナルプレーとか・・・一部の優秀な選手だけが感覚でわかっていたことを言語化すると、他の選手に伝えやすくなり、ボールを運びやすくなった。なんてことを読んだことがあります。)

 

言語化するのが重要なのではなく、伝えようと考えることが重要なんだと思っています。

なんとかして伝えようとすると、論理的に思考することができます。

そして、記憶にも残る。

良いこと尽くめ(ずくめ)です。

 

「コツを言語化してみよう!」

 

(今日はマジメな塾講師が書きそうな内容でございました・・・私のふざけたトークを期待していた方には申し訳ない・苦笑)

本日はここまで。

また明日です。


中学受験指導レザン(中学受験専門個人塾)

学習の相談、転塾のご相談、体験授業・授業見学受付中です。お問い合わせについてはこちらの記事をご参照ください。