合格実績
メガネブログ

2020年

3月

16日

授業再開

続きを読む

中学受験指導レザン

千葉市美浜区高洲3-14-9 5階

JR稲毛海岸駅徒歩2分 

043-239-9251

月~土 11:00~20:00

info@rethan.net

気になる本

こんにちは、ゆみこ先生です。
今回は、私が大好きは月刊福音館の本についてつづりたいと思います。

 

I LOVE『たくさんのふしぎ』など

もうかれこれ10年くらいのお付き合いとなりますが、福音館から出版している『月刊本』が私は大好きです。
『0・1・2』向けのリズムと絵の色を楽しむような絵本、小さな子ども向け、幼稚園生向けのお話の絵本、『ちいさなかがくのとも』という暮らしの隙間に「はっ!」と気付かされるような題材を扱った絵本、小学生中学年向けの視点で書かれた『たくさんのふしぎ』。


対象年齢は一応分かれてはいるものの、どの本の絵も写真も、書いた(描いた)人がきっと楽しんで創ったことが、よ~く伝わってくる本なのです。ほぼ暗記してしまった本もあります。

『まつぼっくりひろっちゃう』・・・。「まつぼっくりひろっちゃう、ぼくひろっちゃう・・・」
瓶の中に雨に濡れてしぼんだ松ぼっくりをそのまま放置しておくと、数日後に開いた松ぼっくりが、その瓶から抜け出せない!。なんでだろう?。雨に濡れた松ぼっくりを「しょんぼりまつぼっくり」、乾燥したいつもの松ぼっくりを「びっくりまつぼっくり」の命名には感心したものです。このお話を、私は科学者ぶって、いろんな子どもたちに説明したものです。


今月は『はっぱきらきら』(ちいさなかがくのとも)を買いました。一緒に散歩をする ⇒ はっぱを数枚ひろう⇒ 形や色の違いを見る ⇒ トレーシングペーパーをあてて、鉛筆でこすってみる ⇒ 紙に貼って飾る ⇒ はっぱの形の種類を調べる ⇒ 葉脈を観察する ⇒ 液につけて葉脈を取り出す。この本の写真は、東京の等々力渓谷(とどろきけいこく)で撮影されたようです。ここは都会の真ん中とは思えない、怪しく、涼しく、不思議なところです。ぜひ、夏休みを利用してのぞいてみてきてください。


学年や関心度に合わせて、一冊の本から学べることはたくさんありますね。ちいさな子どもが読むものから、実に多くのことを知ることができます。できることなら、全部を年間購読したいところですが、「いつか実現!」します!