算数 矩形数

今日も独り言です


最近順調にブログを更新しています。

しかし、読者は増えていません…

そんなことはどうでもよくて、今日は算数の矩形数の話をしてみたいと思います。

矩形ってご存知ですか?

長方形の事です。


算数の数論では

三角数・四角数(平方数)は使いこなせるのが前提なのですが

本日の話題「矩形数」を使いこなせると手早く解ける問題があります。


ではどのような数字なのかと言うと…

2, 6, 12, 20, 30, 42, 56, 72, 90・・・と続く数字です。


お気づきでしょうか。

1×2=2

2×3=6

3×4=12

4×5=20


連続する2つの数の積を矩形数と言います。


どのような問題で登場するかと言うと (ここからは手書きで失礼します)

6 12 20 30 42 が矩形数だとピンときてほしいですね。

上記のように変形できることは、受験勉強のなかで必ず出会っているはずです。


これは計算問題なのですが、

数論ではどのように登場するか…と言うのは次回にしたいと思います。


今日はここまでです。