合格実績
メガネブログ

2020年

3月

16日

授業再開

続きを読む

中学受験指導レザン

千葉市美浜区高洲3-14-9 5階

JR稲毛海岸駅徒歩2分 

043-239-9251

月~土 11:00~20:00

info@rethan.net

小6算数 和と差の文章題

それでは、今日の独り言を…

 

たまには、小6の話をしたいと思います。

和と差の文章題を解いています。

いわゆる、特殊算です。

 

なぜ、特殊算を勉強するんですかね…

 

どうして小学生なのに、ややこしい特殊算を学ばなければならないのかは、

「やった人にしかわからない。」

 

中学生になり方程式を履修すると、ほとんどの特殊算が

簡単に(図など使わず、等式だけで)解けるようになります。

理論が統一されるんですね。

まさに、科学の進歩をたどるわけです。

 

たくさんの具体的な事象(特殊算)から抽象化(方程式に)していくことを学べるなんて、

貴重な体験です。

 

色々な物の見方を経験し、知的好奇心、知的基礎体力を養う。

「やった人にしかわからない。」ことってありますよね。

受験勉強することって、僕はそのような一面を持っているのではないかと思います。

 

前置きはここまでにして、

今週の学習内容は「和と差の文章題」です。

 

○○算の解き方は…という話をするのは、またの機会にしたいと思います。

(何かいい方法はないかな?と、お思いの方はメールなどでご相談ください)

「なぜできないのか」という話を今日はしたいです。

 

この時期できない理由は、2つ

① 図の意味が理解できていない(特殊算を図で解くのは当たり前とさせて下さい)

② 演習の量が不足

だと思います。

レザンではどう対処しているかというと 

 

① 小5生のころから授業中に理解を深めるため、自分のことばで解説してもらっています。特殊算は3回程度同じ内容を繰り返しています。

ですから、一緒に学習するなら最低でも小5生から始めて欲しいと

個人的には思っています。

また、授業日以外の日にも理解を深めるために、質問を受け付けています。

具体的には、お宝を一緒につぶしています。

現在、新小5・6生は授業外の日に学習しに来てますよ。

(みんなかなり、やる気になってます)

これからも生徒たちに全力で応えていこうと思っています。

 

② 授業内でも「知識を学ぶ」ことから演習により「実戦」を経験することまでやっていますが、課題としてベーシック(算数一行題)を一日3題ずつ解いてもらっています。

何度も同じ内容の問題に取り組んでいくことにより、定着を促しているんですね。

だから、ためずに毎日取り組んでほしい(生徒のみんな読んでくれてるかな…)

 

ご興味がある方はお問い合わせからどうぞ

 

今日は千葉市の小学校の卒業式でした。

皆さんご卒業おめでとうございます。

これから、たくさんの良い経験を積んでください。

 

 

本日の独り言はここまでです。