合格実績
メガネブログ

2020年

3月

16日

授業再開

続きを読む

中学受験指導レザン

千葉市美浜区高洲3-14-9 5階

JR稲毛海岸駅徒歩2分 

043-239-9251

月~土 11:00~20:00

info@rethan.net

小5算数 約数と倍数 等々

今回の独り言は…

色々と書かなければいけないと反省しています。

 

 

まず前回「2/9・10日能研全国公開模試」のポイント解説ですね

新小5算数

小4カリキュラムの最後の頃(12月末~1月にかけて)

「平均・和差算・倍数算・つるかめ算」を学習しました。その定着度が測られた出題でした。

 

「解いたことあるんだけど…試験になるとできなくなるんだよね…」

なんてことにならないようにするためには、どうすればいいのでしょうか?

ひたすら練習あるのみでしょうか?

 

僕は「自分なりに解説してみる。説明してみる。」ことが重要だと思っています。

図を描くことにより具体化し、ことばにすることにより抽象化する。自分なりの抽象化ができれば、どのような筋道をたどればゴールに近づけるかが考えられるのだと思います。

 

新小6算数

前回の問題、大問2の(9)が良い問題でしたね。

「2013を連続する61個の整数の和で表すとき、最小の数と最大の数をそれぞれ求めなさい」

和差算で処理するのもいいですが(もちろん地道に調べていくのもいいでしょう)

この問題で問われているのは、「平均」 「基数・序数」です。

連続する整数の和→中央の数が平均

中央の数は左から (1+61)÷2=31番目…序数 31-1=30番後…基数(間の数)

この2つの条件を見抜ければ、

最小 2013÷61-30=3

最大 2013÷61+30=63 となります。

 

題意をしっかりと把握するとラクに解ける良い問題です。

「問題の全てを見通す」「題意を把握する」ことは、得点力をつけるためには必要な考え方です。

 

 

次の独り言は…5年生のお話しです。

現在新小5生は「約数・倍数」を学習しています。

 

約数の意味、倍数の意味ってちゃんと言えますか?

そんなところから授業では話しています。当然生徒たちに説明してもらっています。

 

この「約数の意味」をテキトーに済ませてしまうと

「100を割ったとき4余る整数は何個ありますか」 が解けなくなります。(答え8個)

 

ご興味のある方は、授業をのぞきに来てください。

いつでも授業見学は受け付けています。

 

 

春期講習も受付中です。

レザンの新年度は2月から始まっています。ここまでの学習内容をこの春期講習で復習し、定着するよう「じっくり」学習していきます。

新小5生は約数・倍数、分数の計算

新小4生は整数の計算、割り算の意味 など

今後のカリキュラムの基礎になる部分に取り組みます。

これから「スタート」をする。一歩「踏み出す」チャンスです。是非レザンの春期講習にご参加ください。

 

 

今日の独り言はここまでです。